リベンジ女峰山 


前日、天気予報とは裏腹に薄日すら差さぬ霧の霧降高原から女峰山を目指したものの、敢え無く赤薙山で敗退を喫した。しかし翌日は本格的に晴天になりそうだったので、再び女峰山を目指した。ただし天気予報は前線の通過を示していて、午前中限定で帰る。

画像
   前日とは違って、高原山に昇る日の出も見られた。


画像
   小丸山に出ると正面に赤薙山、いつもの風景だ。


画像
   お世話になっている三角バーンが朝陽を浴びている。


画像
   赤薙山到着。いいペース !!


画像
   祠の裏から目指す女峰山と男体山を眺む。


画像
   いよいよ女峰山に向って出発。まずは軽く下って登り返して行く。


画像
   いつもの憩いの場所2070ピーク。


画像
   魅力的な1983ピークを見下ろしながら白い岩場を越える。


画像
   暫らくは樹林帯の登り。雪が出て来て踏み抜きなどに注意しながら歩を進める。


画像
   奥社跡まで来ると雪が多くなった。北側の日陰のせいだろう。


画像
   歩きにくい残雪の道にペースが落ちる。


画像
   鞍部まで降りると樹林の中、斜めに稜線を目指して登る。


画像
   稜線に出ると露岩を越えるようにしてヤハズに出る。女峰山はまだずっと遠い。


画像
   ここから一里ヶ曽根までは樹林帯の道。


画像
   アップダウンは小さく、時間を短縮するならここで飛ばすところだ。


画像
   しかし、残雪期は雪が邪魔して思うようには進めない。


画像
   時折り樹林が切れ、辿って来た峰々を振り返る。


画像
   ゴロゴロした岩が現れると一里ヶ曽根だ。女峰山が呼んでいる。


画像
   ここからの展望は素晴らしい。会津駒周辺の山々はまだ十分に白い。


画像
   展望を楽しんだら鞍部へ下る。


画像
   水場は完全に雪の下だったが、勢いの良い流れの音が聞こえていた。


画像
   去年の12月半ば、積雪のためここで敗退したのは懐かしい。


画像
   再び稜線通しの登りに転じる。樹林の中の道は快適だが、ところどころで残雪が邪魔をする。


画像
   何ヶ所か展望が開けるところがあり、女峰山が近づいて来るのを実感する。


画像
   急傾斜ののダケカンバの尾根に出ると山頂まで残りわずかとなり、心躍る。


画像
   登り切るとトラバース気味に尾根を進み、雪のへばりついたガレ場を越えて行く。


画像
   一気に高度を上げるザイルのついた露岩の登りが終ると、女峰山への登りもエピローグを迎える。


画像
   這松と残雪の山頂へのプロムナードを進む。


画像
   女峰山頂が大きく迫って来た。


画像
   暫く振りの山頂。南側からガスが湧いて来て、帝釈山より先の稜線はガスの中に入ってしまった。


画像
   しめた、ブロッケンが現れそうだと、位置を変えると、おぉ足下にブロッケン登場 !!


画像
   時々湧いてくるガスに日差しが遮られるので、ブロッケンの濃度が変化する。


画像
   燧ヶ岳の裏側には平ヶ岳を始めとする越後の山々が、まだまだ真っ白な姿を見せている。


画像
   今回は下山を午前中で済ませたいので、ピストン。写真を撮ったりしたあとは来た道を帰る。


画像
   下山は楽だが、腐って来た雪には時々足止めを食う。


画像
   後続とのすれ違いを期待しながら、少しずつ高度を落として行く。


画像
   樹林のなかではウグイスが美しい声を披露していた。


画像
   振り返ると見る間に女峰山は遠くなっていた。


画像
   例の岩峰が見えて来た。水場へ下る手前から往復できそうだ。


画像
   水場への下りから一里ヶ曽根のピークを見る。


画像
   一里ヶ曽根では栗山村が俯瞰された。後続の登山者とすれ違う。


画像
   ここからの稜線通しの道は飛ばせるところだが、登って来たときよりもさらに歩きにくくなっていた。


画像
   ヤハズを過ぎれば次第に高度を落として樹林の中の鞍部に下る。


画像
   最後の登りを頑張り、奥社跡まで来た。


画像
   赤薙山への道は小さな段差の上り下りが多い。


画像
   2070ピークを過ぎると赤薙山は近い。


画像
   山頂部の西端に至ると、奥社跡まで行くという登山者と出会う。


画像
   赤薙山を通過すれば山行も終盤。薙のドロップポイントだ。


画像
   小丸山まで降れば、あとは天空回廊。リズミカルに一気に下った。


画像
   雲は増えたものの、安定した天気に快適な登山を楽しんだ女峰山だった。


この記事へのコメント

  • 宮星

    道程の長い女峰山を”昼飯前”にピストン登山でしたか!
    今回は頂上まで行け、ブロッケン現象まで歓迎してくれましたね!
    したから見ると雪は殆ど見えませんが、やっぱりまだかなりの残雪があるんですね!
    踏み抜きは”0”でしたか?
    2019年05月26日 00:05
  • argo

    宮星さん、このところ気温が高くなっていましたから、早朝でも雪が
    腐り加減で、堅そうに見えてもズブッと4~5回はやりましたね。
    体力が消耗するし、ペースが落ちるのでこれは困ります。
    2019年05月26日 22:26

この記事へのトラックバック