入選候補

環水平アークPCフレスコ.jpg
8月に7回目の応募をしていた岳連カレンダー写真に関して、未明に入選候補を報せるメールが入っていた。候補、ということは確定というわけではないのかも知れないが、流れからして7連覇を果たせたのかも知れない。4点の応募枠に対して3点を出してあったが、イチオシはボツになってしまった。山を歩いていてもなかなかこれは!! といった景観に出会えるものではないが、たまにそういう場面に遭遇すると何コマかのシャッターを切る。

今回候補となったのは、針ノ木の雪渓を登っているときに現れた環水平アークを捉えたものだった。こうした自然現象はそのタイミングがすべてだが、できれば山岳写真として狙ったものが評価される方が嬉しいのは当然だ。ボツになった写真は、喘登のあと登り上げた雪の原で息を呑むほどの光景に出合いシャッターを切ったもので、素晴らしい霧氷の森を捉えてあった自信作だった。これもタイミングと言えばそうも言えたが、息が上がる中アングルを考え撮影したものだっただけに、とても残念だ。プロが審査にあたっているとのことだが、ボツになった理由を聞きたいもの・・。
それはそれとして、とりあえず7連覇を喜びたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 宮星

    審査員は撮った時の大変さは分からないでしょうから、カレンダーの対象者の方にインパクトがあるようなものを選ばれるのかも知れませんね?
    それにしても7連覇!凄いです!!
    おめでとうございます!
    2019年09月19日 10:08
  • argo

    宮星さん、ありがとうございます。
    この写真はジャストのタイミングでしたが、普段あまり見かけることのない
    現象なので、貴重だったかも知れません。山が背景にあったのがラッキーでした。
    2019年09月19日 20:51