赤薙山で山スキー

赤薙山のスキー滑降の対象としての魅力は、何といっても山頂から少し下ったところの薙だ。僅かな距離だが傾斜も手ごろで笹原というのが、スキーの対象としてまさに格好である。山スキーをやるにはそこそこの積雪と標高が必要だが、住まいの近隣に雪が積もるような山はない。奥日光とて群馬県側にはそれなりの雪が降るが、栃木県側となると白くなるのは僅かに白根山の周辺だけだ。まして火山の連なる山々だけに岩の露出も多く、安心して山スキーを楽しむためには遠方まで出かけないとならない。
赤薙山はそうした中で県境から離れているので、連続しての降雪は期待できずさらに雪の量は少なく溶けるのも早い。
赤薙山全景PC.jpg

しかし、その東尾根から小丸山には笹原が広がり、チャンスを逃さぬようにすればそれなりの遊びが可能だ。麓から見上げたとき、白いバーンを探してみると、まずは山頂直下の斜面、そして東尾根のデルタバーン、そして小丸山斜面だ。そのうち、山頂直下の斜面はかなりの急斜面であり、また下部に断崖を擁する。滑ったことはあるが、危険すぎる。また下りすぎると、東尾根に戻るのが大変だ。
ということで、二番目のデルタバーンがお手頃である。登り返しルートもマスターしたので、雪の状態によっては三本の滑降ルートを楽しむことが出来る。問題は南面になるので、天気の良い日は雪が重くなり易い。最後の小丸山斜面はかつてのスキー場ゲレンデなので、広いバーンで楽しめる。また意外に穴場となっているのが、焼石金剛から北東方向の斜面だ。やはり笹原の広い斜面が小丸山との鞍部まで続いている。ただし緩斜面であるので、面白みには欠ける。
三角バーンPC.jpg今年もこのデルタバーンにシュプールを刻んだ。自己顕示欲を示すかのようにズームアップした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • フライマン

    滑れる様になったんですね、素晴らしいシュプールです。
    まだ、私は山スキー出来てません。
    2020年01月06日 17:50
  • argo

    雪がまだ少ないので、笹が出ていましたが、滑りました。
    フライマンさんも滑れるじゃないですか。またご一緒しましょう。
    2020年01月06日 19:01