初冬の趣き

陽が高くなっても融けない霜柱を踏んで山頂に立つ。長細い山頂の西端に出ると、紅葉が終わって冬姿の男体山から女峰山らの峰々が一望できた。久し振りの晴天に頭上には大きく青空が広がっていたが、風花が盛んに舞っていた。一部に流れていた雲から飛んで来ていたようだ。 その雲が纏わりついている尾根を見やると真っ白な霧氷が光っていた。

続きを読む