北方稜線周回

大小山北方稜線も2回に分けて歩いたが、全山を一度に周回してみようともう一度、阿夫利神社から登ってみた。
1.jpg

直接最高峰の妙義山に向けて登って行くと、樹林を抜けたところに展望の利く岩場がある。
2.jpg

大小の文字が大小山の東壁に見える尾根を進む。
3.jpg

再び岩場が出て来ると妙義山だ。ここから北方稜線に入る。
4.jpg

少し下ると小ピークを経て、細長い頂稜部を持つ毛野山に出る。
5.jpg

再び下りになり、がま岩のある岩場の通過になる。
6.jpg

そして登り返すと、あいの山だ。この先道標のある鞍部から、越床山に登る。
7.jpg

越床山からはこれから辿る山々の連なりが見えた。
8.jpg

下った鞍部が越床峠で旧国道と足利病院との分岐があり、山中の十字路だ。
11.jpg

すぐ胸突坂に入り、今回は"ちょい やさしい"道から番屋に出た。
9.jpg

前回気になっていたところなので立ち寄ってみると、山の駅とあり簡素なレストハウスのようだった。
10.jpg

ここからローソク岩が見えた。遠いので、コンデジでは限界があったが、ロウバイの花の合間に捉えた。
ローソク岩ズームPC.jpg

縦走を続ける。ひと登りで名前のないピークに出る。その先のピークにも山名板はなかった。
12.jpg

北側は砕石の鉱山で、しばらくはスッパリと切れ落ちた痩せ尾根を進む。
13.jpg

東側には辿って来た大小山からの稜線が展望できた。そしてつつじ山に至る。
14.jpg

ひと息入れて、エネルギーの補給を行う。つつじ山からは大坊山への登山道がよく見える。
15.jpg

少し下って、登り返して行くと気分の良い岩尾根になり登り詰めれば大坊山だ。
16.jpg

立木で展望のない大坊山は通過。神社に下って行く。
17.jpg

神社からは車道を歩き、やまゆり園のある鷹ノ巣登山口へ急ぐ。
18.jpg

この東南稜の頭に続く尾根は前回初めて歩いたが、一直線に大小山の主稜線に突き上げる素晴らしい尾根だ。
19.jpg

木立が薄くなってくると妙義山・毛野山・あいの山がぴよこぴょことした連なりを見せる。
20.jpg

振り返れば前日の浅間山が雲に隠れようとしていた。
21.jpg

そしてこの尾根の肩に立てば、いよいよ東南稜の頭が目前に迫り、大小山・妙義山とともに視界に入って来る。
22.jpg

東南稜の頭も良い展望地だ。周回を終え、阿夫利神社へと下る。
23.jpg

最後に大小を見上げて下山。
24.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント