ドーム設置35年

我が家に天文台を設置したのは、1985年6月3日のことだった。改築中の木造の家の屋上に乗せるということで、できるだけ軽量なものを、と考えたが当時白馬のペンション "星の家" で木製のドームを製作販売していたので、直径2mのドームを観測室付きで作ってもらった。家の方は少し前にほぼ完成していたが、それに合わせて天体ドームが、この日はるばる白馬から運ばれて来た。
ドーム設置1.jpg

その後赤道儀ピラーの補強や望遠鏡の改造を行ったり、何年か前の大雪のとき、またその後の大雨のときに観測室への浸水があり、完璧なメンテナンスを施した。また数年おきにドーム観測室の塗装を繰り返して劣化を防いでいるが木製本体にグラスファイバーを葺いてあるとはいえ、ドーム設置2.jpg本体は木であり最近は内部の劣化も進んで来ている。それでも長持ちするように各所に工夫やメンテナンスを加えつつ現在に至っている。

自分の家に天体ドームを乗せる、というのは天文ファンなら一つの夢。ちょっと思いついた時、自宅にドームがあり望遠鏡が設置されている、というのは実にぜいたくなことだ。天文活動は基本的に夜のことだから夜中に家を出て行くのは好きなこととはいえ、億劫になることも多い。それが大きく緩和する。寒い冬の日でも、寒くなったらすぐ部屋に戻ればポカポカになれる。天気の悪い日でも、気がついたら夜半に晴れていて、思いがけず観測できた、とか・・。これからも、大切に使って行きたい。昔の写真を探してみると、中学校の古い校舎やご近所の以前の家屋が一緒に写っていて懐かしいというか、古色蒼然としていて時代が分かる気がする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 宮星

    ご自宅に天体ドームがあるという事でしたので、周辺に家が少ないところにお住まいとばかり思っていましたら、住宅街の真っただ中なんですね!
    設置から35年ですと、我が家より古いですね!
    3.11の揺れにも耐えられた、しっかりした作りなんですね!
    2020年06月04日 23:29
  • argo

    宮星さん、そうなんですよ。下手をすると晴れていても北極星も見えない日があります。
    それでも、毎回望遠鏡を設置する手間は省け、記事のようなメリットは大きいのです。
    家自体も古くなっているので、かなりあちらこちらにガタが来ています(涙)。
    2020年06月05日 01:17
  • 芝刈り爺さん

    すごい、すげーー!ものすごい!の一言ならぬ、,絶句です。すごい情熱、趣味なんてもんじゃ無いですね。近所の子供を呼んで天体観測会ができそう!
    2020年06月05日 20:17
  • argo

    芝刈り爺さん、そんなに驚かれるものでもないのですが、滅多にあるものではないですね。
    何度か、見せて下さい、と来られた方もありましたが、最近は子供もいないしマニアックな
    人間に思われているので(たぶん)、具体的な依頼はないですね。
    2020年06月05日 21:05