釈迦ヶ岳

釈迦ヶ岳を知ったのは、山頂から海が見えるというニュースを聞いたとき。そのニュースを聞いた翌日に登ったが天気がイマイチで見えなかった。その後も何度も足を運ぶも見られない。高原山への登山は、日塩道路から鶏頂山を目指すのががメインだが、釈迦ヶ岳林道から西平岳・中岳を経て釈迦ヶ岳に登るのを覚えるとこちらの方が距離も標高差もあるが人に会うこともなく楽しいことを知る。だから最近はもっぱらこのルートで登っている。登山口まで少し遠いが、晴天を得てトライした。国道から県道に入りいつもの荒れた林道に入って行く。何とか乗用車でも越えられるが、車の腹をこすりそうで心臓によくない。下の方に停めてもさほど不利になることもないから、適当なところで手を打つ方が良い。車高の高い車なら難なく登山口まで入れるが、今回はゲートの先まで入ったところで駐車した。

準備をして林道をもう少し歩く。西平岳登山口の標高は1100m弱で、登り始めるとすぐに1200mの標高を示す道標が現れる。樹林の中、展望のない登山道を登って行くと程なくして釈迦ヶ岳がチラッと姿を見せる。石に囲まれた石仏まで来ると、西平岳のピークが見通せるところに出る。明るい尾根道、エゾハルゼミの大合唱の中を登って行く。この辺りの登りは快適で気持ちの良い斜面が続く。1600mの表示板を過ぎると、釈迦ヶ岳が近づいて来て大きく見えるようになり、やがて西平岳の山頂部に出る。朽ちた標柱が立っているが、文字は見えない。

釈迦ヶ岳林道を行く。
1.jpg
西平岳の登山口。
2.jpg
1200mの表示板。
3.jpg
これから向かう釈迦ヶ岳と中岳が見えた。
4.jpg
石に囲まれた石仏。
5.jpg
西平岳のピークを望む。
6.jpg
♪エゾハルゼミが唄う♪
7.jpg
1600m表示板。
8.jpg
西平岳を示す朽ちた道標。
9.jpg
釈迦ヶ岳と中岳が大きくなった。
10.jpg


樹林帯ではあるが傾斜もなく気持ちの良い山頂部で、このルート一番のお気に入りのところだ。程なくして、火山礫に覆われた赤茶色のガレた稜線に出る。そしてここまで見えなかった鶏頂山が大きく視野に入って来る。崩れやすく、植物が生えても流れてしまったのだろうか、ガレた稜線を100mほど進むと、再び樹林帯に入り岩根を踏みながらの小さなアップダウンを繰り返す道となる。途中正面に屹立した中岳を見るが、大小の岩や灌木を越えて行くといつの間にか高原山神社の白い祠のピークに出る。これが中岳だ。

緩い登りを進む。
11.jpg
西平岳・中岳・釈迦ヶ岳が直線状に並んだ。
12.jpg
ガレ場に出ると、鶏頂山が初めて顔を見せる。
13.jpg
ガレ場の途中に高原山神社の祠が建つ。
14.jpg
ガレ場を過ぎるとまた樹林帯に突入する。
15.jpg
屹立する中岳。
16.jpg
岩根を踏んで登って行く。
17.jpg
振り返ると西平岳のガレ場が良く見える。
18.jpg
歩きずらい岩と根のミックスルート。トラロープも張ってある。
19.jpg
気が付くと中岳のピーク。ここにも祠が置かれてある。
20.jpg


ここまで来ると釈迦ヶ岳はかなり近づいて来る。張られているロープや岩角を利用しながら下って行くと釈迦ヶ岳との鞍部に降り立つ。見上げると笹原の中に埋もれるように登山道が延びている。傾斜があるのでぐいぐいと標高を稼ぎ、下山路との分岐点に出ると傾斜が緩くなり大きな仏像が鎮座している釈迦ヶ岳山頂に出て行く。振り返ると、太平洋だ!! とはいかなかったが、快晴の山頂は最高だった。
少量の飲食をしてエネルギーの補給。省エネ体質なので、食べるものも飲むものも多くは必要とはしない。だから山で腰を下ろすことはまずない。立ったままで、パクつき口に十分含んで少しずつ水分の補給をする。地図を見たり、写真を撮ったりするときが休憩タイムで、呼吸が整ったら足を出す。たまにのんびりすることはあるが、山頂に20分はいない。登ったら、すぐ帰る。

下山路に使う尾根を見下ろす。
21.jpg
岩と根のミックスルート。
22.jpg
鞍部からの釈迦ヶ岳への直登ルートが見える。
23.jpg
鞍部まであと僅か・・。
25.jpg
やっと鞍部まで降りた。ここから最後の登りだ。
26.jpg
中岳と鶏頂山の合間に男体・女峰・太郎らが見える。
27.jpg
中岳・西平岳を振り返る。
28.jpg
釈迦ヶ岳への最後の急登。
29.jpg
快晴の釈迦ヶ岳山頂。
30.jpg
鶏頂山の向こうに見える雪山は、会津駒方面だろうか。
24.jpg


霧降からは何度も海を見ているのに、釈迦ヶ岳からはまだ見ていない。雲ひとつない快晴でも地平線近くがもやっていると、海は見えない。また次の機会を狙いたい。下山は登って来た尾根の東側の尾根を下る。笹の急斜面をぐんぐん下るとすぐに傾斜が弱まって楽な下りになる。この尾根はほぼ下りだが二つほどポコがあって、若干の登りになる。この二つ目を過ぎると釈迦ヶ岳林道への分岐がある。緩い傾斜の道を下って行くと右にトラバースするように進み、再び下降に入る。いきなりシカが飛び出して、瞬く間に消えた。登った尾根が右手に木の間越しに見えて来ると、尾根はさらに緩い傾斜となり林道終点の釈迦ヶ岳登山口に降り立つ。

この尾根を下る。最初は笹原の急斜面の下降だ。
31.jpg
西平岳と中岳を東側から見る。
32.jpg
笹原の急斜面をグングン下る。
33.jpg
急斜面が終わると、緩い樹林の中の道になる。
34.jpg
二つ目のポコから、中岳のピークと釈迦ヶ岳を望む。
35.jpg
釈迦ヶ岳林道への分岐点。
36.jpg
名残りのヤマツツジ。
37.jpg
緩斜面の下りが続く。
38.jpg
尾根が広がって来ると登山口は近い。
39.jpg
釈迦ヶ岳登山口へ降り立つ。林道の終点になる。
40.jpg


あとは、荒れた林道を駐車ポイントへ戻る。黒沢橋まで来ると西平岳の登山口はすぐ。前回までその手前に大きな倒木があったが、片付けられたらしく無くなっていた。登山口から駐車ポイントまでは、もう暫く歩かねばならない。

かつては立派な林道が延びていたのだろう、カーブミラーや待避所の標識もある。向こうに登った尾根が見える。
41.jpg
西平岳への取り付きまで戻って来た。
42.jpg
駐車ポイントまではもう少し歩く。
43.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    この山は、学校平??八方ヶ原?の方から、登りましたが,西平岳の方は,気になっていましたが、まだ歩いていません。庚申山をはじめ、いろいろ刺激されますね。行きたい山リストに、加えています。本で言えば「積ん読」状態になりそうですが、。まずはコウシンソウに会いに行こうかと、思っています。雨だといやですけど、、。
    2020年06月13日 09:07
  • argo

    芝刈り爺さん、コメント有難うございます。
    高原山は明神ヶ岳を含めて全部歩きましたが、このルートが一番と思っています。
    釈迦ヶ岳から海を見るまで、登り続けます。
    コウシンソウ、どうぞ見に行って下さい。雨でも大丈夫です。
    2020年06月13日 14:04