大小山周辺西尾根踏査 Ⅱ

毛野山西尾根を歩いていると、更にもうひとつ北側にこれまた開放的な尾根が見える。これは以前上り下りしたことのあるあいの山西尾根だ。見ているともう一度行ってみたいと思い、またまた大小山の西側にルートを考えてみた。今回は東面の阿夫利神社を起点とする。
妙義山に登り、そこから毛野山に出て西尾根を下る。尾根の分岐からは、前回の登りルートの北側の支尾根を下る。末端部まで下るとどこへ出るのか、という興味もあった。そこから足利病院の縁に落ちているあいの山西尾根に取り付く。これもGPSで末端部を確認して登って行く。
あいの山まで登り詰めたら、毛野山に進み妙義山に戻って大小山を経て下山する。緑のラインが踏査ルート。
毛野山西尾根ルート図2PC.jpg

阿夫利神社前の駐車場は満車状態だったが、中央部に一台分空いていた。準備をして出発する。
1.jpg
石の階段のところから右手に斜面を登り、洞穴に向かう。
2.jpg
この尾根を登り大小を展望したら、岩場手前から右手に分かれて西場方面の尾根に出てこの尾根を妙義山に向かう。
3.jpg
妙義山山頂に出る手前にある不動明王。
不動明王.jpg
岩塁を越えて登って行くと、妙義山だ。
4.jpg
日光方面は晴れていそうだったが、すでに男体山以外は見えなくなっていた。
5.jpg
毛野山に向かって鞍部へ下る。
6.jpg
足利の街並みがよく見える。
7.jpg
大きな岩場を乗り越えると鞍部に出る。
8.jpg
登り返して毛野山を目指す。
9.jpg
僅かに登り返して行くと、岩場が出て来てベンチのある毛野山だ。
10.jpg
毛野山の表示板は北へ少し行ったところにあるが、登りついたところの方が高い。
11.jpg
ここから西尾根を下る。実に快適な尾根だ。
12.jpg
途中、毛野山からあいの山へ至る尾根にがま岩が見えた。
13.jpg
あいの山西尾根の全貌がよく見える。
14.jpg
ちょっとしたポコもある。
15.jpg
稜線上の大岩を乗り越えると、例のテントサイトピークに出た。
16.jpg
ケルンはそのままだったが、少し積み替えて強度を上げた。
17.jpg
ここからは、前回登って来た踏み跡程度の尾根を下る。
18.jpg
ところどころやや藪っぽいが、冬枯れているので手で払える範囲だ。
19.jpg
眼下の足利病院が近づいて来ると、道形が現れて祠のあるポイントに出た。
20.jpg
堰堤には降りず、そのまま尾根の末端を目指して下って行く。
21.jpg
すると程なくして、獣除けのフェンスに到達した。
22.jpg
民家の横を進み道路に出る。そのまま足利病院の東側に進み、あいの山西尾根の取り付きを探す。
23.jpg
GPSで確認して取り付く。最初は木立が多いが、すぐに登り易くなる。
24.jpg
尾根筋にしっかりした道形が見られ、気分の良い尾根だ。
25.jpg
いつの間にか北からの雲が頭上を覆うようになり、たまに陽が翳るようになった。
26.jpg
また、次第に風が強く吹き始めた。寒くはないが気持ちが急くようになる。
27.jpg
山頂が近づいているのが分かると、力まかせ足まかせにグイグイ登って行く。
28.jpg
やがて、あいの山山頂に出た。目的は終えた。さぁ帰ろう。
29.jpg
毛野山へは少し下って、鞍部から登り返しだ。
30.jpg
その途中に、がま岩を通る。
31.jpg
登り返しは僅かで毛野山に戻る。南北に細長い山頂だが、西尾根が延びているところは山名板ピークより少し高い。
32.jpg
周回を終え、妙義山に戻って行く。
33.jpg
風はますます強くなるが、気温は低くない。春一番か!?
34.jpg
樹林帯では、木々が唸りをあげていた。
35.jpg
妙義山山頂からは、稜線を歩いている人は見えなかった。
36.jpg
すぐに大小山へ向かい、分岐点から見晴台のあずまやに出る。見上げた大小。
37.jpg
あとは男坂を下り、お堂のところをかすめて階段を下り、阿夫利神社の駐車ポイントに戻る。
38.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    この山、あいの山、そこから下ると,,と思ったことがありますが,結構急で,やめた記憶があります。春一番、,あの日、私も,,と、思いましたが結構風は冷たかったですね,私にはですけど。GPS使いこなしてますね。私は,,東側のなだらかな尾根は,いくつか歩きました。妙義山からの尾根をつないで,周遊!と思ったのですが,意外に降りたところが,開発途中で放棄され,ヘンな排水路、葦のヤブ、などなどで楽しくなかったです。それにしても果敢に突っ込みますね!やはり駐車場満車になることもあるんですね。
    2021年02月07日 10:19
  • argo

    芝刈り爺さん、こんにちは。
    大小山近辺、東側と西側とを比べると、西側の方が開放的というか、木々の生え方が
    まばらでよい感じですが、東側は樹林が濃い感じがして、やや敬遠気味です。
    ただ、この先行き止まりの表示のある所から先に今度行ってみたいと思っています。
    仰るように湿地みたいなところがあるので、注意したいですね。
    2021年02月07日 12:11
  • 芝刈り爺さん

    あの妙義山から北に延びる尾根は,昔々の道があり,高校生の頃、地元の友達と登ったのもあの尾根でした。少し北に下り,そこから東に急斜面を下ると作業道が来ていて,その道を行くと沼の周りを回って赤見、市の沢の集落に出ました。その後、あそこの湿地がゴルフ場になると言う計画が出てきて(メイプルヒルと言う名前でした),,しかしそれを作ろうとした国会議員が汚職騒ぎで辞任、その計画も消えました。開発途上だっただけに排水溝があっちこっち走っていて,,歩きにくいし,それこそ葦やらススキやらが繁茂して,歩きにくいです。毛野山から下りこの北尾根にとりついたりもしましたが、,あの野っ原は,ダニもいそうで,,嫌なところです。尾根を下って登ったりもしました。三つ葉ツツジもきれいでした。とまあ、ついついすみません,爺さんの昔話が、触発されて出てきてしまいました。すみませんね。ちなみにその頃、登りの道は、先ほどの市の沢のヤブを登って,西場富士にむかう尾根の途中、断層崖のようなところに出て,,そこから山頂を目指しました。昔々です、50年以上の昔、全く道のなかった頃ですね。その後仕事に就いてから,阿夫利神社の道を知りました。狭義の「大小山」に登ったのはその頃です。長々すみませんでした。そうそう、東側の方が,,ボサボサしてる感じですね。
    2021年02月07日 18:55
  • argo

    芝刈り爺さん、いろいろと昔話を有難うございます。
    そうですか、高校生のころから親しまれている山域なのですね。
    去年、毛野山手前の鞍部から下部の踏査もしてみましたが、あまりいい感じではなく
    その後は出かけていません。ただ、毛野山の先の行き止り、は気になっているので、
    そのうち行ってみたいと思っています。
    市の沢からの断層みたいなところは、分かります。いずれにしても箱庭なので面白く
    遊べるのがいいですね。ただ、やはり東側はボサボサしていますよね。
    2021年02月07日 19:36