ヒメイワカガミ

山を歩いて展望の良いところまで登って行くと、登山者が休憩していた。挨拶をして写真を撮っていると、展望地を無視してさらに先を目指して行く登山者に追い越されたので、本能的にあとを追う。ペットボトルを腰に付けただけで、グイグイ登って行く。あとを追うこちらに気づいたようで、逃げる逃げる。こちらは写真を撮りながらなので、差をつけられる。そのたびに走るように追う。姿は木々に隠れながらも見えている。
決定的だったのは、ピークに出て周囲をパチパチやった後だ。姿が見えなくなった。逃げ切られたのか、いや隠れたなと思いつつ追うのを止め、途中でルートを外れて急峻な岩場に出て行く。
その先に、ヒメイワカガミの群落がある。一瞬開花はまだかな?と、近づいて行くと、咲いていた。
ヒメ1.jpg
傾いて来た日差しを受けてきれいだ。
ヒメ2.jpg
正面に回ってみる。
ヒメ3.jpg
まだ咲き始めのようだが、あっちにもこっちにも・・。
ヒメ4.jpg
少し離れた所にも小さな群落。
ヒメ5.jpg
際どい斜面から覗く。
ヒメ6.jpg
逆光も効果的。マクロでの撮影もマスターした。
ヒメ7.jpg
ピント位置に工夫も要る。
ヒメ8.jpg
背後からのショットもいい。
ヒメ9.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    これは、いい花ですね!この手の花,高山を除くと大概怖いところに咲いているんですけど,ここは,カメラを両手で持っても落ちないところのようですね。イワウチワ、ヒメイワカガミ、私は高い山にあるイワカガミよりなんか色合いが好きです。いい花ですね。
    追いつ追われつのゲーム、なかなかですね。私なら,気配を感じたら即,止まってお先にどうぞです。最近は,年ですね,そういうことが増えました。特に下りは、、、。と言うことで,頑張りますね、argoさん! です。

    読み落としましたが,やっぱり急峻な岩場の先の花園でしたね。残念。
    2021年04月21日 10:23
  • argo

    芝刈り爺さん、こんにちは。
    この手の花といえば、コイワカガミを思い出します。近年の低山徘徊でこの白花の
    ヒメイワカガミを知り、ちょっと探してみようという気になっています。
    意外にあちらこちらに見られるのですが、群生となるとそうは見つかりません。
    でも少しの花でも、こんな可憐な花を見出すと嬉しいものです。

    前述のバトル、年甲斐もなく・・。途中で見えなくなったのが、振り切られたのか、
    どこかに消えたのか・・。いずれにしても、足の強い人でした!!
    2021年04月21日 11:41
  • 芝刈り爺さん

    年甲斐もなく,頑張れるんですから,凄いですね。デットヒートを、見たいけれど、ついていけないから,私には無理でしょう。それにしても不思議な話。振り切るなんてことあるんですかね。お聞きする限り、楽しい話です。ピークでよほど,時間かかったのか、、あるいは,横道に待避したのか、、ですね。
    2021年04月21日 14:36
  • argo

    芝刈り爺さん、こんばんは。
    山ではたまにこういうこともありますね。山は競争の場ではないのですが、グレート
    レースには出られないけれど、足に自信のある人は多いですから・・。
    愚かしい、と笑うのは簡単ですけどね。
    2021年04月21日 22:18