袈裟丸山

この冬は雪が来るのも早く、また比較的よく降ったので、袈裟丸山でも白く見えることが多かった。しかし、3月の好天と気温の上昇でどんどん雪は融けてしまい、山はさっさと青くなった。先週末の雨が雪になっていたとは思ったが、多分大したことはないと踏んで出かけた。
この山は麓で見た感じより、思いのほか傾斜が小さいのが特徴だ。最後のワンピッチを除いて、気楽に登れる。

国道から10数km林道を走る。ひとつ大きな落石があった。新車に傷をつけないように折場登山口へ向かい出発。
1.jpg
明るく、登り易い登山道を登って行く。
2.jpg
緩い傾斜の尾根を進むと露岩のポイントに出て、向かう袈裟丸山が展望できる。
3.jpg
広々した斜面の向こうに袈裟丸山への稜線が見通せる。
4.jpg
のびやかな斜面を登り大きく左回りで山頂へ向かうこのルート、見た目よりも近い。
5.jpg
道標のある湿地帯を過ぎると、櫓のある展望台に出る。
6.jpg
さらに賽の河原、雨量観測所と過ぎて行く。目安になるポイントが続き、歩き易い。
7.jpg
"床水" と刻まれた石柱のある小ピークに出る。これは何なのだろう?
8.jpg
先週の雪だろうか、残雪が見え始めた。
9.jpg
小丸山は展望の良いポイントで、日光白根山が白く見え、男体山がいつもとは少し違った姿に見えた。
10.jpg
小丸山から少し下って行くと、避難小屋がある。快適そうな小屋だ。ここでひと息ついた。
11.jpg
笹原と白樺林の中を登る。ここまで来ると行く手に山が迫って来て、山頂が近づいて来るのがわかる。
12.jpg
背丈のある笹原を抜けると、一旦樹林の中を進むが、再び笹の道を登って行くようになる。
13.jpg
やがて山頂手前の急斜面に入る。岩と木の根と泥濘んだ道を行く。
14.jpg
少しだけ北側の眺望が開けると、錫ヶ岳が皇海山の陰に入って見えなくなっているのがわかった。
15.jpg
次第に木の根が露出した急登になって行く。ロープも設置してある。
16.jpg
そして木の根の登りから解放されて、傾斜が緩むと再び笹原の道となり山頂が近づいて来る。
17.jpg
小広い山頂は日当たりの良い気持ちの良いところだ。
18.jpg
北に少し行くと袈裟丸連山の奥に皇海山、そして白根から男体、また至仏・武尊・谷川らの山々が望めた。
19.jpg
白根山の手前には、庚申山から続く鋸岳のギザギザした山稜が皇海山とともに良く見えていた。
20.jpg
展望を楽しんだら下山。来た道を帰る。
21.jpg
雪解けで泥濘んだ急斜面の下りに、足下を注意しながら降りて行く。
22.jpg
傾斜が緩むと笹原の斜面となり、振り返れば袈裟丸山はすでに遠くなっていた。
23.jpg
避難小屋広場を過ぎると、若干登り返して小丸山へ向かって行く。
24.jpg
小丸山へは僅かな登りとなる。
25.jpg
袈裟丸山は見上げる高さになり、僅かな時間で標高をかなり落としたことになる。
26.jpg
アカヤシオの新芽らしきものが沢山見えたが、まだ花の時季には遠い気がした。
27.jpg
床水というポイントまで下って来た。雨量観測所はすぐそこだ。
28.jpg
賽の河原・展望櫓まで下って来た。振り返ると袈裟丸連山はさらに遠くなった。
29.jpg
木立の隙間から連山を眺め、さらに下って行くと湿地帯を抜け草原の広がる尾根道に出る。
30.jpg
霞む赤城山を見ながら、尾根道を下る。
31.jpg
滝の連続する右手の沢音が山に響き、心地よかった。
35.jpg
程なくして樹林帯に入り、良く踏まれた登山道を下って行くと・・
32.jpg
登りでは気づかなかったアカヤシオの蕾が膨らむ道になり、
33.jpg
道が階段状になると、登山口に帰って来た。
34.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 芝刈り爺さん

    静かないい山、地味な山、と言うことで好きな山の一つです。今頃ですと,昨年は,最後の急登が,凍結した雪で苦戦、おととしはもっと雪がひどく,ズボズボで苦戦、このときは直下は凍っていなかったですけど、、と記録があります。拝見すると,雪がない!暖かかったんですね。日光白根きれいに雪をかぶっていますね。今日見ると(朝方,とある山から見ましたが)、また雪解けが急ピッチみたいですね。花芽の多いアカヤシオ、ここもあたりでしょうね。きっとその時期は,混むんでしょうね。地味な袈裟丸が,ひととき賑わう時期です。晩秋の袈裟丸も私は好きです。地味だけど『いい山』と思っています。広葉樹がいいんですね、きっと。
    2021年04月22日 09:48
  • フライマン

    この山は、花がたくさん咲くので、大好きな山です。
    まだ、冬のよそおいだったんですね、アカヤシオ→ミツバツツジ→シロヤシオと続いていくので、良い時期を狙って行きたいと思っています。
    2021年04月22日 14:36
  • argo

    芝刈り爺さん、こんにちは。
    袈裟丸山は良くないイメージがあり、一度しか登っていませんでしたが、去年友人に
    この折場ルートを紹介され、再び出かけてみました。残念ながら、花はほとんど咲いて
    いませんでしたが、気楽に登れるのがいいな、と思いました。去年・一昨年は厳しかった
    ご様子ですが、雪解けの早かった今年はご覧の通りでした。アカヤシオなどの蕾が沢山
    ありましたから、この後が良いようです。
    2021年04月22日 17:44
  • argo

    フライマンさん、こんにちは。
    私も好きになりそうな山です。花の時期にはちょっと早かったのですが、人気がなく
    静かな山でした。記事内にも書きましたが、登山道の傾斜がなく気楽に登れるのが
    いい感じです。リピーターになりそうですが、ちょっと遠いので・・。
    2021年04月22日 17:48