赤薙山滑降

このところの天気予報は、一日にのうちでも大きく変わってしまう。前夜所用があって準備が出来ず、また早寝も出来なかった。案の定、目覚ましで起きたのは覚えているが、また寝てしまった。着替えをしてスキーの調整をしてシールを張る。若干心配だったけれども、大事なものは確認できたので、車に飛び乗り何とか夜明け前に出られた。しかし、キスゲ平に到着した時にはすでに太陽が高く登っていた。新雪が眩しくサングラスの忘れ物に辛酸。

予想通り寒くない、これは帰りの滑りではもう雪が重くなってパウダーは得られないと判断。とりあえず、小丸山を一本滑っておこうとあずまやからは小丸山の斜面にジグを切る。そして雪質良好のうちに小丸山を滑降。あずまやまで滑り、登り返す。トレースが出来ているので、登り返しは楽だ。小丸山の山頂からは、いつものように尾根の南側を登る。暮れに来た時より雪は若干多めだが、笹はやはり出ている。富士山がこの日はきれいに見えていた。そして太平洋・鹿島灘が光の筋になって見えていた。

天空回廊の入口。
1.jpg

ここから階段の上をシールで歩く。
2.jpg

小丸山を登りながら、光る鹿島灘を見る。
3.jpg

一本目、積雪は少ないがパウダーを戴く。
4.jpg

自分のトレースを踏み、登り返す。
5.jpg

高原山と滑降跡。
6.jpg

富士山がよく見えた。
7.jpg

小丸山山頂に出た。
8.jpg

都心のビル群とスカイツリー。
9.jpg

夏道のえぐられた登山道も北斜面は埋まって来ていて、どこでも登れる。
10.jpg

しばらく登って行くと右にカーブしてカラマツロードに入る。前回よりも少し雪が増えた感じだ。冬ルートは北側に出て、焼石金剛のすぐ下に出る。赤薙の縁を行くが、まだまだ雪が少ない。いつもの吹き溜まりも見えない。それよりもどうしたことか、薙斜面の笹の出具合が暮れのときよりひどい。陽当たりの良い南面のためたっぷりの積雪がないとこうなる。ここまでの感じは、前回より確実に雪は多くなったとみたが、この薙に関しては逆になっていた。分岐道標まで登って上部樹林帯を窺ったが、スキーで登るのはもう少し待とうと今回も板はデポする。つぼ足になると、初めは踝ラッセルくらいだったが、樹林がいったん切れるあたりになると、ひざ下ラッセルくらいになった。俄然、スピードが落ちた。再び樹林の中に入り、木の根や枝を摑みながら大岩に出ると山頂はもう間もなくだった。山頂からの女峰山らの眺めはより白さを増して迫力が出ていた。

カラマツロード。焼石金剛までの岩塁の道を回避する。
11.jpg

焼石金剛から見た赤薙山。その先に2070P・奥社跡のある2203P・2209Pらのピークが連なる。
12.jpg

赤薙の入口。
13.jpg

暮れに来た時よりも笹が出ていた。
14.jpg

分岐から樹林に入っても雪は少なめ・・。
15.jpg

樹林帯を抜けて再び樹林に入るあたりから雪が多くなった。
16.jpg

赤薙山山頂。鳥居の1/3でいいから雪で埋まって欲しい。
17.jpg

女峰山クローズアップ!! カッコイイ!!
18.jpg


写真を撮ったらすぐにスキーのデポ点に戻る。雪が増えて下山は快適だ。あっという間にデポ点に戻り、シールを剥ぎ滑降準備。なるべく笹の露出の少ない面を選んでドロップ。笹原とはいえ、ところどころ朽ちた木の幹や枝も出ているので、注意を払いながらの滑降。あまり下まで滑る価値もないので、適当に切り上げ再びシールを貼って登り返し。焼石金剛に登り返して、また滑降モードに入り北側の斜面から一気に緩斜面を滑る。雪は重くなっていたが快適な斜面を楽しんだ。北側の緩斜面は雪の量も少し増え快適なスラロームを楽しんだ。途中から沢を二本渡るが、絶妙のトラバースで小丸山に戻る。ここから最後のお楽しみだ。自分でつけたシュプールの南側に二本目のシュプールを刻んで意気揚々、何度も振り返りまっさらな斜面のシュプールを眺めながら回廊のB地点に帰った。

つぼ足トレースを下るのは快適。
19.jpg

下りながら正面に高原山クローズアップ!!
20.jpg

分岐点のスキーデポ点。ここから滑降。
21.jpg

これは危険、笹の上を滑っているようだ。
22.jpg

登り返しながら、薙と赤薙山を見る。
23.jpg

焼石金剛へ登り返す。登りのトレースが残る。
24.jpg

上部の積雪は問題なし。
25.jpg

下部になると雪の量はかなり減っている。
26.jpg

それでもそこそこ快適に滑降する。
27.jpg

上手に谷を渡りトラバースして小丸山に戻って行く。
28.jpg

小丸山手前は笹がかなり露出していた。
29.jpg

小丸山に戻って来た。
30.jpg

最後のお楽しみは小丸山のバーン。この日二本目だ。
31.jpg

あずまや付近から二本のシュプールを見上げて満足。
32.jpg

"赤薙山滑降"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: