『"山女" 憧れの頂へ』

百名山スペシャル『"山女" 憧れの頂へ』の再放送も録画されていた。一昨年の放送ということだが、本放送を観ていなかったので時期的なタイミングも良くのんびり鑑賞した。 ひとつ目は工藤夕貴と湊かなえ、そして萩原編集長とのコラボで蝶ヶ岳に行く。これが意表をついて、長塀尾根ではなく横尾からの登山だった。蝶の思い出のひとつに、燕岳から縦走しての蝶、そして横尾へ下る、という山行がある。これはある年のGW前半…

続きを読む

応募写真の吟味

断続的な雨でどこにも出かけられず暇しているので、来年の岳連カレンダーの応募写真の選択をした。これまで7回の採用では雪のない山は2回のみで、あとはみな雪山を題材にしている。やはり山は冬、雪があってこその山だ、と思っているからだ。今回も断然対象は雪山と思っていたので、選ぶのは1月から3月までの山行を思い返してそこから選ぶことにした。  写真は会津駒の登りから燧岳を樹間に捉えたもの。 候補として思い…

続きを読む

GT3

九州のようではないが、毎日適当な量の雨が降っていて、近年では雨の多い年になっている。普段あまりTVを見ないが、外に出ることが出来ず暇なので録り溜めしてある番組を観ている。 グレートトラバース3もそのひとつだ。始まった時からずっと観ているのだが、どうしてもなじめない部分がある。結局、登山ショーになってしまっていることだ。大変なことをしているのは分かる。しかしナレーションを聴いていると、どんなに大…

続きを読む

両毛線

佐野や足利方面の山に出かけるとき、よくこの踏切を渡る。滅多に電車に遭遇しないのだが、珍しく踏切で摑まった。ならばと車内から電車の写真でも撮ってみようかとカメラを構えた。踏切から二台目だったので、少しズームアップして立ち去って行く電車を狙ってみた。三日後、同じ踏切で、今度は先頭で摑まった。そこで今度はズームはせず、窓を開けてカメラを外に出して立ち去る電車を撮影した。遠くに見える岩肌を露出した山は岩…

続きを読む

携帯バッテリー

2007年4月から使っているドコモの"n703iμ" という携帯電話器、まる13年経過した。何年かして、バッテリーの減りが早くなり、ポイント利用で無料の新しいバッテリーを入手し、とっかえひっかえ使って来た。しかし、そのバッテリーも劣化が見え出した数年前、新たなバッテリーを購入しようとドコモショップに出かけてみると、すでにそのバッテリーは生産終了ということで、相変わらず最初からのものと途中で入手し…

続きを読む

静かなる登山道を行く

汗をかかないように、とゆっくり登って行った。しかしそうはいかなかった。日差しを受けると暑く、動けば汗が出た。要所要所で立ち止まり、写真を撮ったり汗を抑えた。この山の登山道はすっきりした尾根で快適、人気は全くなくて今回も貸し切りの山だった。ケルンの積んであるところでは、時間をかけて少し高めに積み直しをした。このあたりには大きな石がないので、ケルンを積むのも容易ではない、何度も崩れてやり直しを余儀な…

続きを読む

写真応募

昨夜寝る前にメールをチェックすると、学連のカレンダー係の方からメールが届いていた。そういえば、毎年7月になるとカレンダーの写真募集が始まる。思えば7年前、ちょっとしたオファーに応えて応募した写真は、11月の立山初滑りの写真だった。新調したブーツを履き、快晴の立山で浄土山・国見岳に登り滑降を楽しんだ。このとき10万もするGARMONTの真新しいブーツが室堂から一歩足を踏み出した途端、足にまったく合…

続きを読む

『潮 騒』

"日々の暮らしの備忘録" とブログトップに書いてあるのに、記事を見てみると山登りの話ばかりで、"なんだ、山登りばかりしているんだなぁ" と改めて感じた。確かに、山登りがいま生活の一番の中心?ではあるが、そんな毎日山に出かけているわけではない。物理的にもそんなことはできない。ブログの一応のテーマとして、"山"・"天文"・"映画"・"徒然" としてあるが、断然"山" の記事が多い。しかし二番目に多い…

続きを読む

電波塔尾根

朝からよく晴れて全天快晴かと思いきや、屋上に出てみると北から西にかけての空には素晴らしい雲がうねっていた。うだうだしながら車に乗込み、あてもなく走り出す。雲を避けて行ける山は?ということで、大小山に向かう。 駐車場からいつものように、東南稜に向かって石尊の滝から登って行く。前日の雨が結構激しかったので、滝に流れ込む水量がいつもよりかなり多くいい感じだ。山腹をトラバースして尾根に乗る。早速岩尾根…

続きを読む

山の生き物

この時期、山ではエゾハルゼミの合唱が絶えない。また蝶の舞も盛んになって来ている。一年振りのアサギマダラを追いかけた。林道のカーブを曲がると目の前にシカとタヌキが戯れて?いた。ビックリしたシカは素早く飛び去ったが、タヌキは丸い身体を揺らしながらこちらに向かって走って来た。体を開いてかわすと道路の側溝に降りて走り去った。一目散、という言葉がぴったりの走りざまだった。 山に入ると何度もシカに出会った…

続きを読む

栗山村 月山

梅雨空の雲は大抵低い。2000m越えなら雲の上に出られるかな?と、甘い考えで霧降高原に出かけてみると、ニッコウキスゲの開花を告げるニュースが流れたからか、駐車場は殆ど満車状態。これでは天空回廊を登って行くうちにコロナになってしまいそう、と車を降りずに転進。大笹牧場でトイレと思ったが、マスクのない人は入るな、の看板に通過。そうだ、前回下りに使った尾根から今度は登ってみよう、と月山に向かった。 夫…

続きを読む

鳥屋山の花

鳥屋山で見た花。イチヤクソウを見に行ったのだが、他にも名前の知らない花たちが沢山目に留まった。どちらかというと大柄の花には目をくれない。小型の可憐な花が好きだ。 登山口で見た花は、その後も何ヶ所かで見た。多様なアジサイだが、これは?オカトラノオだろうか・・。丸々太った野イチゴ、でも何イチゴか特定できない。ニガナじゃないな。ネジバナ。キツネノボタンだろう?これは?記憶はあるのだが・・。

続きを読む

イチヤクソウを見に行った

毎年6月末までは割引期間なので、そのつもりで板のチューンナップを依頼しにいつものスポーツ店に行った。ところが、コロナの関係で割引なしで機械仕上げで7,700円、手仕上げで9,900円ということで、ビックリ。コロナの関係って何なんだ!? まぁ、そう言えばそうも言えるのかも知れないが、去年までの割引5,000円とは随分違うので止めようかとさえ思った。しかし、板はすでに店員さんの手に渡ってしまっていた…

続きを読む

アサガオが咲いた

何年か前に咲いたアサガオの種を十数粒取ってあったが、気が向いて先月庭に蒔いてみた。すると思いがけず、ぱっと芽が出たのだが、その後葉が出ても成長があまり芳しくなく、大きくならないなぁと思っていた。ところが、一昨日の朝いきなり一輪咲いた。何もしていないのに、いつの間にか蕾を持っていたらしい。すごいなぁ、と改めて植物の生命力に驚いた。少し間引きをした方が良いかも・・、と間を離してみたが、今後も楽しみな…

続きを読む

一周忌

一年前に亡くなった友人のお墓参りに出かけた。お墓は住んでいたところの近くではなく、我が家からでは少し遠い。住所をナビに入れると、最短でも77kmと出た。高速を入れるとさらに距離が大きくなった。かつて仕事で通っていたルートの延長で、自分の知っているルートで行ってみようと、ナビなしで出発した。130分くらいかかった。意外に渋滞はなくスムーズだったが、右へ左へと進路変更が頻繁だった。 お寺に着いて、…

続きを読む